スマートホーム —
エッジで実行される分散型AI

Caspar AIを使用すると、転倒検知活動検出パーソナライズ、居住者向けの適応などインテリジェントなスマートホームアプリケーションを構築できます。

プライバシー

Casparはエッジで処理され情報をクラウドに送信しないため、プライバシーが確保されます。

信頼性が高く低遅延

エッジコンピューティングは信頼性を保証します。 Alモジュールは低遅延のためにデバイスでコンパイルされます

使いやすいAPI

Caspar APIはスマートホームのloTプラットフォームと簡単に統合でき、革新的なアプリケーションを構築できます。

ディープコンテキストAl

CasparはCasparAdaptCasparSenseテクノロジーを使用して居住者の好みと活動を学習します。

Caspar エッジ Al テクノロジー

当社のコンパイラーはローカルにあり、計算効率が高く、インテリジェントアプリケーションを強化する、IoTプラットフォーム用のAI推論モジュールです。 プライバシー保護を設計段階で考慮し、データを家のローカルに保持します。

Caspar Sense

CasparSenseは、家庭内のマルチモーダルセンサーを使用して、複雑なユーザーの活動や、調理、転倒、薬の服用などの意図を予測します

Caspar Adapt

CasparAdaptは、家をインテリジェントに居住者に合わせてパーソナライズするように設計された深層強化学習ツールのライブラリです。

サンプルアプリケーション

Caspar Alでアプリケーションを構築する

Caspar APIには、loTプラットフォームに最先端のスマートホームAlテクノロジーを追加するために必要なツール、ライブラリ、およびコンポーネントが含まれています。

高齢者の転倒検知

IoTプラット
フォームの設定

import casparSense
import iotPlatform platform
platform = iotPlatform(room=bathroom”,
sensor = ["thermal", "sound", "vision"])
ユーザーの転倒

sense = casparSense(room="bathroom")
prob = sense. fall()
アラートの送信

if prob > 0.5
   platform.alert(method="text")

家がより役立つためのパーソナライゼーションと適応

Week 1

就寝する
家を制御する

import casparSense
import iotPlatform platform
platform = iotPlatform(room=bathroom”,
sensor = ["thermal", "sound", "vision"])

シェードを
閉める
照明を消す

sense = casparSense(room="bathroom")
sense.run()

Caspar Adaptは
好みを学習する

adapt = casparAdapt(room="bathroom")

Week 2

就寝する
Caspar senseは
行動を理解する

@callback (userAction)
def userActionUpdate():
 adapt.learnPrefs(sense.activity, userAction)

シェードを
閉める
照明を消す

@callback (sense.activity)
def automatedBehavior():
 platform.takeAction(adapt.getLearnedPrefs(sense.activity))

IoT partners