スマートホーム向けのプライバシー保護分散型AI

スマートホーム向けのプライバシー保護分散型AI

分散型AI(D-AI)は、スマートIoTシステム、住宅、都市の急速な進歩を可能にします。D-AIは、アンサンブルインテリジェンスを作成するために組み合わせることができる個別のAIサブシステムを備えたAIシステムを指します。エッジでD-AIアプリケーションをホストするよう最適化された、プライバシーを保護したIoTクラウド(PPIC)を紹介します。

今日のスマートホーム、都市、インフラストラクチャーの多くが、Web向けに作成されたクラウドコンピューティングアーキテクチャを使用しています。これは大きなリスクを伴います。機密データをデータウェアハウスにアップロードする方法は、機密情報を集中させます。 私たちは、機密性の高いデータの漏えいを防ぎながら、エッジで分散AI(D-AI)ロジックを実行し、機密情報を分散するプライバシー保護IoTクラウド(PPIC)を支持しています。

Caspar.AIのPPICは、エッジコンピューティングとスケーラブルな分散型AIコンピューティングモデルを組み合わせる実行フレームワークです。Caspar.AIのPPICフレームワークは、サードパーティアプリなどをホストでき、マルチテナント機能をサポートし、オブジェクトストレージなどのタスクにスケーラブルなサービスを提供します。 機密データがクラウドにアップロードされないように、一元化されたデータセンターを分散グラフに置き換えることで、私たちはクラウドモデルから分離させます。スマートアプリケーションはエッジで実行され、より優れたパフォーマンスを可能にし、ポリシーに基づくオブジェクトフィルタリングは機密情報の不正な共有をブロックします。

PPICは、スマートホーム、マルチホーム開発、スマートシティのD-AIに最適です。PPICは、スケーラビリティとコスト効率を提供しながら、プライバシーを保護できます。例えば、照明の操作、状況に応じた音声認識、高齢者向けの転倒検知といったさまざまな機能です。 PPICは大規模に使用することもできます。たとえば、天候や山火事の緊急時に市全体の緊急応答者の調整をサポートすることができますが、この記事では、現在、実際に使用されている機能に焦点を当てました。

詳細は Caspar テクノロジー をご覧ください。